第38話・マイラより愛を込めて


マイラの村にやってきた佐祐理たちは、温泉の南を調べて妖精の笛を手に入れた!

……この笛はこの辺に埋められる決まりでもあるのだろうか?

さて、この町にはジパングからやってきた刀鍛冶が道具屋を営んでいた。
せっかくだからドムドーラで拾ったオリハルコンを売り、
町を出て再び入って、王者の剣になったところを買い戻す。
佐祐理は最強武器の王者の剣を手に入れた!
なお、この剣は道具として使うとバギクロスの効果がある。
マドハンドもこれで一掃だ!

☆王者の剣入手(バギクロス)

そして、温泉の階段、道具屋の壁の袋、井戸の中、
すごろく場のゴール左の植え込みから、それぞれ1個ずつ小さなメダルを入手。
すごろく券も相当な数貯まっていたので、
すごろく場に挑戦することにする。せっかくだから。
どうせ次のすごろく場までにはゴールドパスが手に入っているので、
全てのすごろくけんを使い切っても構わない。

出現したキラーアーマーたちを倒し、みちるはレベル39に上がった。
壷のマスに止まり、小さなメダルを手に入れた。
その後も、世界樹の葉を手に入れたり、
1個目のゴールに着いて命の指輪とグリンガムのムチを手に入れたり。
グリンガムのムチはひとまずみちるに持たせておく。
スカイドラゴンとの戦いで、みちるは命の木の実を盗んでいた!
タンスのマスに止まり、小さなメダルを手に入れた。
闇の衣を手に入れ、みちるに装備させる。みちるの守備力が大幅に上がった。
ゴールして光のドレスを手に入れた。
最強クラスの防具だが、全員が装備できる。
ここは後々のことを考え、装備できる鎧が少ない武道家の綾香に装備させる。
綾香の装備していた魔法のビキニはかおりが装備。
よろず屋で雷神の剣を見つけたので、記念に買っておく。
その後、クラーゴン3匹にタコ殴り(イカ殴り?)にされて倒れたりしつつも、
めぼしいアイテムを取り尽くし、みちるたちはすごろく場を後にした。

☆雷神の剣入手(べギラゴン)

キメラの翼でアリアハンに飛び、
メダルを90枚集めた褒美として復活の杖を入手!
戦闘中に使うとザオラルの効果があるので、
もし全滅してもアリアハン付近で戦いながら使っていれば、
無料で復活できるというこの上なく嬉しいアイテムだ!
道具屋で綾香におなべのフタを買い与え(武道家なので
装備できる盾は風神の盾以外にはこれくらいしかない!)、
キメラの翼で再びマイラに飛んだ。

☆復活の杖入手(ザオラル)

一行はマイラから、ルビスの塔を目指す。
途中、マドハンドが呼んだだいまじんたちを倒し、
綾香とかおりはレベル15に上がった。
メダパニを唱えてきたメイジキメラを倒し、
綾香とかおりはレベル16に上がった。
ラゴンヌを倒し、佐祐理はレベル40に上がった。
同時に、綾香とかおりはレベル17に上がった。
2階の宝箱から小さなメダルを回収。
さらに進み、宝箱から光の鎧を手に入れた!
佐祐理に装備させ、佐祐理の守備力が大幅に上がった。
順路をいったん戻り、また進む。
まおうのかげたちを倒し、みちるはレベル40に上がった。
ラゴンヌを倒し、綾香とみちるはレベル18に上がった。
さらに進み、宝箱から小さなメダルを手に入れた。
その宝箱の右にある回転床からわざと落ち、塔の北側へ。

そして、塔の最上階で美しい気品の漂う女神像を発見。

引きずって持ち帰りセリにかけたい気持ちにかられたが、
伝説の勇者の復活を阻止できそうもないので、やめておく。


冗談はさておき、佐祐理は妖精の笛を吹いて、
石像にされていたルビスの封印を解いた。

ルビス
「ああ、まるで夢のよう! よくぞ封印を解いてくれました。
 私は精霊ルビス。このアレフガルドの大地を作った者です。」

……そんな大物なのに封印されるとは、なんてマヌケな……。

ルビス
「お礼に、みちるにこの聖なる守りを差し上げましょう。」

……いや、みちるは何もしてないし。

ルビス
「そして、もし大魔王を倒してくれたなら、
 きっといつかその恩返しをいたしますわ。」

……できれば、生きてるうちにお願いします。

ルビス
「私は精霊ルビス。この国に平和が来ることを祈っています。」

……そんな他力本願な!?
ドラクエ気離蹇璽乕韻箸じゃあるまいし。


そう言って、ルビスは消えた……。
ともあれ、聖なる守りは手に入れた!
一行は塔の外を目指す。
ドラゴンたちを倒し、綾香とかおりはレベル19に上がった。
ドラゴンの落とした宝箱から、スタミナの種を手に入れた!
一行は塔の北側の崖から飛び降り、ルビスの塔を後にする。

第37話へ
第39話へ

トップページへ